『サバイバル登山入門』 服部文祥

超話題! サバイバル登山家・服部文祥の初めてのハウツー本!

テントなし、時計なし、ライトなし。米と調味料だけ持って、シカを撃ち、イワナを釣って、山旅を続ける。登山道には目もくれず、沢とヤブを突き進む。危険と隣り合わせの圧倒的な自由。

【目次】
1 計画を立てる
2 装備をととのえる
3 歩く
4 火を起こす
5 食べる
6 眠る
特別付録 南アルプス「サバイバル登山」ルート地図
(南アの核心部の地図に著者が実際に歩いたルートを記したもの)

著者:服部文祥
登山家。山岳雑誌『岳人』編集者。1969年横浜生まれ。94年東京都立大フランス文学科卒(ワンダーフォーゲル部)。オールラウンドに高いレベルで登山を実践し、96年パキスタンのK2(8611m)登頂。国内では剱岳八ッ峰北面、黒部別山東面などの初登攀が数本ある。99年から長期山行に装備と食料を極力持ち込まず、食料を現地調達する「サバイバル登山」を始める。妻と三児と横浜に在住。

発行:2014.11.7

¥ 3,190

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。