『新幹線を走らせた男 国鉄総裁 十河信二物語』 高橋団吉

戦後70年記念ノンフィクションノベル。十河信二なくして、新幹線は開業せず。

新幹線開発計画に対する反対派との戦い、莫大な資金不足、苛烈な労使問題、相次ぐ大事故により辞任に追い込まれながらも、「世界一の鉄道をつくろうじゃないか」と叫び続けた。揺るがぬ信念を貫いて新幹線を走らせた男、第4代国鉄総裁十河信二の物語。

著者:高橋団吉
1955年千葉県生まれ。早稲田大学文学部ロシア文学科卒業。著書に『新幹線をつくった男 島秀雄物語』(小学館、第26回交通図書賞)、『島秀雄の世界旅行1936-1937』(技術評論社、第35回交通図書賞)、『新幹線をつくった男 伝説のエンジニア・島秀雄物語』(PHP文庫)ほか。

2015年9月発行。

メディアで紹介されました!
★『福島民報』『北國新聞』『北日本新聞』『岩手日報』『高知新聞』
 『沖縄タイムス』『神奈川新聞』『秋田魁新報』『京都新聞』ほか地方紙全27紙。
★『毎日新聞』
★『BOOK BAR』(J-WAVE)
★『サンデー毎日』
★『Rail Magazine』
★『鉄道ファン』

¥ 2,090

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。