アーバンサバイバル入門

サバイバル登山家・服部文祥の『サバイバル登山入門』に続くハウツー本の第2弾! “撃って登る"登山家の「都会の猟師生活」(アーバンサバイバル)は奥深い! 著者は横浜の自宅でも猟師のような「獲って殺して食べる」を実践する。

アーバンサバイバルとは衣食住という生きるうえでの基本を、できるかぎり自分の力で作り出す試みである。 「生きるため」に自分の体と頭をめいっぱい使ってみよう。 その先に驚くべき絶景が隠れている。 写真700点、イラスト50点、オールカラー320ページ。

著者:服部文祥
登山家。作家。山岳雑誌『岳人』編集者。 1969年横浜生まれ。94年東京都立大学フランス文学科卒(ワンダーフォーゲル部)。 オールラウンドに高いレベルで登山を実践し、96年世界第2位の高峰K2(8611m)登頂。 国内では剱岳八ッ峰北面、黒部別山東面などに冬期初登攀が数本ある。 99年から長期山行に装備と食料を極力持ち込まず、食料を現地調達する「サバイバル登山」をはじめる。 妻、二男一女と横浜に在住。 ・著書: 『サバイバル登山家』(みすず書房) 『増補 サバイバル! 』(ちくま文庫) 『狩猟サバイバル』(みすず書房) 『百年前の山を旅する』(新潮文庫) 『サバイバル登山入門』(デコ) 『ツンドラ・サバイバル』(みすず書房) 『獲物山』(笠倉出版社) ・編著: 『狩猟文学マスターピース』(みすず書房) 『富士の山旅』(河出文庫)

¥ 3,300

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。